• 新田高校の4つのコース
お気軽にお問い合わせください
089-951-0188
〒791-8604 愛媛県松山市山西町663
2020年08月24日学校行事

第2学期始業式

第2学期始業式

感染症に対応して例年より短くなった夏休みが終わり、2学期が始まりました。

始業式も終業式同様、放送によるものに変更し、生徒は各教室で校長先生の式辞を聞きながら新学期への思いを新たにしました。

校長式辞



2学期始業式

令和2年8月24日(月)

 依然として酷暑の毎日で、その上新型コロナウィルスの新規感染者が全国で1日1000人を超す日があるなど、厳しい状況が続いていますが、今日から2学期がはじまります。感染リスクを0%にはできませんが、「うつらないよう、うつさないよう、3密回避」を生活の中でお互い徹底していきましょう。また、熱中症にも十分気をつけてください。

 これまで長期間自粛生活が求められ、経済活動も安定した回復軌道に乗らず、社会全体に暗雲がたちこめたままですが、こんなときこそ一人一人が希望を持って日々を送ることが大切だと思います。「希望」という言葉を広辞苑で見ますと、「①ある事を成就させようと願い望むこと。②将来によいことを期待する気持」とあります。コロナ禍の収束については、後者の意味にあたるのでしょう。

 ところで、「希望」ということとかかわって、近年研究が進んできた「ポジティブ心理学」の「3対1の法則」についてお話ししておきたい。日常の中で、我々には心配や恐れ、不安、嫉妬などネガティブな感情がついてまわります。そのいっぽうで感謝や安らぎ、興味、ワクワク感、充実感などポジティブな感情を心のエネルギーとして暮らしています。この理論では、ネガティブな感情に対してポジティブな感情を3倍以上の割合持つことができれば、人は心の健康を保つことができるとしています。先の「希望」もポジティブな気持ちにさせる代表ですが、とにかくいやなことが1つあったら、楽しいことを少なくとも3つ持とう、創り出そう、それだけで、1日はつらいものから楽しいものに変わる、ということです。

 まだしばらくはコロナ禍が加わり、ゆううつな気分に傾くことも少なくないでしょうが、周囲に対して感謝の気持ちを持つとか、思いやりをこめて他人に接する、協力するといった行動を心がければ、自然に自分自身心安らぐことができます。そしてまた、そうした行動や気持ちは必ず相手にも伝わります。こうしたことで、自分の心の「3対1」を守るとともに、相手の心の「3対1」にも貢献できるのです。

もうすぐ体育祭があります。またその後、すぐに新生祭も予定されています。「3対1」をまさに実践する場が準備されています。コロナ禍に対する収束の希望を抱きつつ、思い出に残る充実した2学期になるよう願って式辞とします。


新田力

  • NITTAのパンフ

  • 進学実績

  • 新田高校の特待生・奨学金制度

  • 指定校推薦大学紹介