• 新田高校の4つのコース
お気軽にお問い合わせください
089-951-0188
〒791-8604 愛媛県松山市山西町663
2021年03月19日学校行事

終業式

終業式


第三学期の終業式と、それに先立って表彰伝達式および離任式が行われました。

表彰伝達

水泳部

2020年度 第43回全国JOCジュニアオリンピックカップ夏季水泳競技大会
高等学校・中学校47都道府県通信水泳競技大会

15-16歳 女子100m背泳ぎ

  • 第3位 芝


愛媛県高等学校新人水泳競技大会

男子総合

  • 第2位 新田高等学校(96点)

男子4×100mリレー

  • 第1位 伊須・隅田・髙岡・大橋(大会新記録)

男子4×100mメドレーリレー

  • 第1位 尾上・伊須・隅田・大橋(大会新記録)

女子総合

  • 第1位 新田高等学校(147点)

女子100m背泳ぎ

  • 第1位 芝(大会新記録)

女子200m背泳ぎ

  • 第1位 芝(大会新記録)

女子200m個人メドレー

  • 第1位 井上(大会新記録)

女子400m個人メドレー

  • 第1位 井上

女子4×50mリレー

  • 第1位 芝・吉田・秀野・井上

女子4×100mリレー

  • 第1位 井上・吉田・秀野・芝

女子4×100mメドレーリレー

  • 第1位 芝・丹下・秀野・井上
バドミントン部

第49回 全国高等学校選抜バドミントン大会 四国地区予選会


男子団体

  • 第1位 新田高等学校

男子ダブルス

  • 第1位 水村・森川
  • 第2位 松井・吉田

男子シングルス

  • 第2位 森川
ラグビー部

第22回 四国高等学校ラグビーフットボール新人大会

第2ブロック

  • 第1位 新田高等学校
剣道部

第21回 四国高等学校剣道新人大会

男子団体の部

  • 第3位 新田高等学校

男子個人の部

  • 第3位 片山
  • 第3位 土居
ハンドボール部

愛媛県高等学校選抜大会

  • 第1位 新田高等学校

大会ベストセブン

  • 古川・守口・木原

愛媛県高等学校ハンドボール競技1年生大会

男子

  • 第3位 新田高等学校
弓道部

愛媛県高等学校弓道新人大会

男子団体

  • 第3位 新田高等学校(高橋・乗松・鬼嶋・佐藤・植田・吉村・片上)

女子団体

  • 第3位 新田高等学校(多田・中田・竹島・小原・脇屋・久枝・皆川)

離任式


校長先生から今年度離任される先生方の紹介があった後、離任される先生からご挨拶がありました。

また、生徒の代表よりお礼の花束が手渡されました。


令和2年度 第3学期終業式


終業式では、校長賞をはじめ各種表彰の後、校長先生より式辞をいただきました。

校長賞

第1学年 代表 田所


第2学年 代表 福増

皆勤賞

第1学年 代表 山澤


第2学年 代表 米子

校内漢字検定努力賞

第1学年 代表 岸上


第2学年 代表 越智



学校長式辞


今年度は新型コロナウィルス感染症のため、未曾有の混乱の中で過ごされました。その中でも、強く学生生活を送る生徒を力づけるお話をいただきました。



3学期終業式

令和3年3月19日(金)

 令和2年度3学期の終業式がこうして行えることを、皆さんとともに喜びたいと思います。決して当たり前ではありません。昨年度は実施できませんでした。

 昨年3月11日に世界保健機関(WHO)が、新型コロナウィルス感染症を「パンデミック(世界的大流行)」と形容してから1年が経過しました。これまでに世界で、感染者は約1億2千万人、死者は260万人を超える状況になっており、ワクチン接種が始まったとはいえ収束の見通しは立っていません。

 本校においてもこのコロナの影響で、今年度だけで45日間の臨時休業を余儀なくされ、皆さんは学業や学校行事等において大きなダメージを受けました。また、部活動でも、練習や対外試合ができない、あるいは制限を受ける状態が続き、県総体やインターハイなどが中止になって、自分たちの鍛錬の成果を発揮する場や機会が失われてしましました。想像さえできなかったこうした悪条件の中、今日このように3学期の終業式までたどり着くことができ、皆さんの精神力とこれまでの努力、協力に感謝するとともに、敬意を表したいと思います。本当によく頑張ってきました。

 さて、3月11日と言えば、死者・行方不明者・関連死を含め2万2千人余りが犠牲となった東日本大震災が発生した日です。あれから10年が経ち震災直後の状況や復興状態、犠牲者の遺族の歩み等が、先日多数報道されていました。

 ある新聞に、震災直後に現地に入ったボランティアの人の投書が載っており、当時市役所の玄関にあった張り紙について回想していました。その張り紙には、こんなことが書かれていたそうです。

 「最愛の妻と生まれたばかりの一人息子を大津波で失いました。いつまでも二人にとって誇れる夫・父親であり続けられるよう精いっぱい生きます。」

 消えてしまいそうな自身の生命の炎にあらがうように、こう宣言することによって自らを鼓舞し、必死に生きていこうとする若い男性の深い深い喪失の悲しみや苦悩に、改めて胸が張り裂けそうになりました。自分だったらどうだろう?私は、しばらく他の記事に目を移すことができませんでした。

 今、コロナ禍で社会全体に閉塞感が漂い、活動のスピリットも低下しがちですが、決して失望したり、あきらめたりしないようにしましょう。同じ状態はいつまでも続きません。「行く川の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。」という方丈記の冒頭の部分に表されているように、「常ならず」という意味で、この世は「無常」です。すべてのことは変わります。

 「今、ここ」を大切に、大いなる希望を持って精いっぱい高校生活を生き抜いていきましょう。夢や目標に向かって努力しましょう。皆さんの新学年での頑張り、活躍を楽しみにしています。

新田力

  • NITTAのパンフ

  • 進学実績

  • 新田高校の特待生・奨学金制度

  • 指定校推薦大学紹介