• 新田高校の4つのコース
お気軽にお問い合わせください
089-951-0188
〒791-8604 愛媛県松山市山西町663
2017年09月12日BLOG(学校行事)

全校朝礼・表彰伝達

全校朝礼・表彰伝達が行われました。

表彰伝達

ソフトテニス男子

愛媛県高等学校中予地区新人大会 


男子団体 第2位

男子個人

  • 第2位 若江・渡部
  • 第3位 児玉・上中
ソフトテニス女子

愛媛県高等学校中予地区新人大会

女子団体 第3位

校長訓話

 「日常の当たり前を見直そう!」ということに関連したお話をします。


皆さん、世界の人口は、今どれくらいか知っていますか?


 日々増え続けていますので、正確にはわかりづらいですが、73億5千万人くらいではないかと、推定されます。

 その中で、極度の貧困生活を余儀なくされている人はどれくらいでしょう?ただし、貧困とは、世界銀行の定義で、1日1.9ドル(約205円)未満で生活している状況を指すことになっています。

 2016年の統計では、約7億6700万人10.5%)です。そのうち、その半数、約3億8500万人が、18歳未満の子どもだといわれています。

 皆さんは、三食きちんと食べることができている今の生活に、まず感謝しないといけませんよね。
 同時に、こうした世界の貧困問題の解決のために、貢献していく気概や力を養ってほしいと願っています。


 次に、貧困と教育とのかかわりについてです。貧困が主な原因で、世界で約5900万人の子どもが、まったく教育を受けられていません。教育を受けられないと、字が読めなかったり、安定した職業に就くことができなかったりなどして、貧困が再生産されます。

 こうした状況を踏まえ、マララ・ユスフザイさんは、教育の大切さを主張し、人権活動を続けています。みんなも知っている通り、パキスタン人の彼女は、2012年に、スクールバスに乗っていたところをタリバンに襲撃され、瀕死の重傷を負いましたが、奇跡的に命をとりとめ、その後も恐怖に屈することなく活動を続け、2014に史上最年少で、ノーベル平和賞を受賞しました。

 彼女が国連で行った演説

   Education is the only solution. Education First.

 教育こそが、貧困等の課題解決の唯一の方策です。教育を第一に!


 皆さんは、当たり前のようにして本校で教育を受けていますが、改めて教育がいかに貴重なものかを確認するとともに、不自由なく教育を受けることができていることに感謝しなければなりません。だからこそ、しっかり、日々学びましょう!

 

新田力

  • NITTAのパンフ

  • 進学実績

  • 新田高校の特待生・奨学金制度

  • 指定校推薦大学紹介