• 新田高校の4つのコース
お気軽にお問い合わせください
089-951-0188
〒791-8604 愛媛県松山市山西町663
2018年04月09日BLOG(学校行事)

入学式

入学式が行われました。

平成30年度入学式が行われ、

普通科447名、工業科90名、合計537名の新入生が入学を許可されました。

はじまりは音楽部によるファンファーレからです。

音楽部の顧問の先生が新入生の担任のため指揮できず、昨年度の卒業証書授与式に引き続き再度教頭先生の指揮による開式です。

学校長式辞

校長先生より総勢537名の新入生の入学が許可されたのち、創立80周年の年に新田高校の一員として迎えられることを嬉しく思うとの式辞が新入生に贈られました。

 今日、晴れて入学式を迎えられました新入生のみなさん、入学おめでとうございます。生命の息吹が強く感じられるこの春に、はつらつとした537名もの皆さんを、本校に迎えることができ、とてもうれしく思います。我々教職員はもとより、在校生一同が皆さんの入学を、今か今かと心待ちにしてきました。

 保護者の皆さま、お子様の御入学おめでとうございます。お子さまといっしょに本校を選んでいただきましたことに、心から感謝申し上げます。3年後に、「新田に預けて本当によかった。」と必ず言っていただけるよう、わが子、わが兄弟・姉妹のつもりで、一人一人の子どもさんに、誠心誠意かかわらせていただきます。 

 また、本日入学式を挙行するに当たり、大勢の御来賓の皆様に御臨席を賜り、お祝いをしていただきますことに、高い席からではありますが、心からお礼を申し上げます。ありがとうございました。

 本校は、今年ちょうど創立80周年を迎えます。6月には記念式典等も予定しており、80年の歴史や伝統を振り返りつつ、次の新しい一歩を踏みだすこととしています。関連して、新校舎の建築も予定しているところです。

ところで、昨年、本県では国体が開催されたこともあって、本校体育部生徒たちの活躍がより一層際立ち、各方面から例年以上に、「さすがスポーツの新田」との賞賛をいただきました。けれども、近年本校は、もう一歩進め、「文武両道の新田」を目指し、それが定着してきました。「文武両道」は、単に勉学と部活動を両立させるということではなく、知・徳・体のバランスのとれた生きる力の育成を目指すものです。またそこには、両立という難しい課題に立ち向かう中で、忍耐力や精神力を鍛え、自らの可能性を信じて追い求める強固な意志を、持ち続けてほしいとの願いもこめられています。

 私は、皆さんに「文武両道」を追求していく中で、特に「あきらめない才能」を磨いてほしい、と願っています。この才能は、元来、誰でも有しているものです。例をあげてみます。

皆さんは、今、自分の足を使ってしっかり歩いたり走ったり跳んだりしていますが、誰にも歩き始め、俗に言うヨチヨチ歩きのときがありました。このヨチヨチ歩きについて、5年ほど前に米国のニューヨーク大学の研究者が、とても興味深い報告をしていました。

 1歳から1歳7ヶ月までの赤ちゃん140人の歩行について調べたところ、1日の平均歩数は、14,208 歩、距離は延べ4.2 キロメートル、転んだ回数が102 回だったそうです。驚くべき結果です。赤ちゃんは、転んでも転んでも挑戦し、立ち上がるたびに、倒れず歩ける距離を伸ばしていきます。また、歩行速度も間違いなく速くなっていきます。

私も歩数計を毎日ポケットに入れていますが、1万歩を超えるのは特別に歩くことを意識した日以外にはなく、ほとんど5千歩以内で、ひどいときは2千歩程度のときもあります。1歳児が立っては、転んで1万歩です。1時間に69回も転倒した赤ちゃんがいたそうです。七転び八起きのだるまも顔負けです。すごいチャレンジ精神、情熱です。映画監督の宮崎駿 さんは、「才能とは、『情熱を持続させる能力』のことである。」と話されています。

 このように、皆さんのだれもが、「あきらめない才能」を有しているのです。この「あきらめない才能」を、高校時代の3年間でどれだけ磨くことができるかが、皆さんのその後の人生を決めると言っても過言ではないと思います。ヨチヨチ歩きの原理を機会あるごとに思い出し、あきらめず何度も練習を繰り返す、あきらめず毎日、予習復習を繰り返す、こうした「文武両道」を目指した取り組みを続けることができれば、きっと大輪の花を咲かせることができるでしょう。

 本日入学した73期生の皆さんが、多様な活動を通して、大勢の仲間との友情をはぐくみ、スクールライフを楽しみながら、「あきらめない才能」を磨く挑戦をしてくれることを心から期待して、式辞とします。

 平成30年4月9日

        新田高等学校長   永井 博 

理事長祝辞

続いて理事長より新入生に祝辞が贈られました。

537名もの多くの新入生を迎えられることをうれしく思うとのお言葉とともに、新田学園の創立者新田仲太郎翁が愛媛県の要請を受けて新田学園を創立するに至った経緯を新入生に聞かせてくださいました。

新田高校の建学の精神「健全有意の人材の育成」にかなう高校生としてぜひ文武の両道において活躍してほしいと新入生にエールが送られました。

来賓祝辞

今年の新田高等学校入学式は入学シーズンの先駆けとなるとともに、硬式野球部女子の設立や新田学園創立80周年など話題が重なり、メディアの取材をはじめ大きな注目を集めました。

多くの来賓にもご参列いただき、PTA会長から祝辞をいただきました。
 

新入生宣誓

普通科 スーパー特別進学コース 權代

新入生を代表して普通科スーパー特別進学コースの生徒より、宣誓が行われました。

まっすぐな視線で校長先生にむけて宣誓を行う目には、これからの高校生活に向ける強い決意が感じられました。

担任紹介

最後に各クラスの担任が紹介され、紹介された担任の引率で新入生はこれから毎日を過ごす教室へと帰って行きました。

この新入生は来夏完成予定の新校舎ができていく様子を見ていくことになります。新入生の今日の幼顔は、新校舎とともに立派な高校生として完成されていきます。

新田力

  • NITTAのパンフ

  • 進学実績

  • 新田高校の特待生・奨学金制度

  • 指定校推薦大学紹介